メデル株式会社

12星座を「愛」に例えると

こんにちは、野本由美子です。

<12星座別の愛>をまとめました。

<牡羊座 自己愛>
12星座は、1つ1つが独立したテーマを持つのではなく、
人間の進化成長のストーリーがそれぞれに割り振られています。

牡羊座は12星座の1番目のサイン。
まだ肉体すら持っていない、いわゆる魂だけの状態です。

自分の体がないのはもちろん、他者がいることも知りません。

世界には自分だけ。
だから、自己愛なのです。

<牡牛座     物愛>
2番目の牡牛座では、やっと肉体という入れ物を手に入れた段階です。

体という物質を確認し、維持していくために食べ物を食べる。
だから、物愛です。

「食べる」というのは、「お金を稼ぐ」という意味もありますから、
「金(かね)愛」でも良き。

<双子座     知識愛>
世界に自分をつなぎとめる体を手に入れた後は、
世界のあれこれを知りたい欲が出てきます。

それが3番目の双子座の「知識愛」です。

新しい情報をとにかく集めることが大好き。
集めたものをどう使っていくかは、双子座の知ったこっちゃありません。

蟹座       親愛
4番目の蟹座からは、自分以外の人=他者の存在が出てきます。

仲間を蟹の甲羅の中に入れて、コミュニティを作る。
「みんな、一緒がいいよね」が合言葉。

仲間に対しては、家族のように熱い情をかけるので「親愛」です。
甲羅の外の世界は、敵陣です。

<獅子座         表現愛>
みんな一緒、から、自分らしさ、を見つけるのが5番目の獅子座です。

みんなで仲良くこたつにあたっていたのに、
テーブルに飛び乗って、踊り出すのが、百獣の王。

オンリーワンでナンバーワンであることを知らしめる<表現愛>です。

<乙女座     分析愛>
天板の上で踊る獅子座をクールに見つめているのが、6番目の乙女座です

「自分らしさ」が社会の中で通用するのかをシビアな目で観察する<分析愛>です。

獅子が無邪気な子どもなら、乙女は冷静な先生と言ったところ。

人に役立つことでしか自分の価値を測れない、<貢献愛>でもあります。

<天秤座 美愛>
7番目の天秤座からは、他者の集合体である社会の中に出ていきます。

誰からも嫌われないように、みんなにいい顔をしたいのです。

みんなからの好かれるための<美愛>です。
決して奇抜でない、好感度の高いバランスの良い美しさを目指します。

<蠍座 偏愛>
みんなにいい顔をするのに疲れ、「この人にだけ」と決めるのが8番目の蠍座。

浅く広く、全員に愛を振りまいたのが天秤なら、
蠍は一点集中で、深めていく<偏愛>です。

その深さは、海よりも深い。海溝です。
裏切られても、地獄の果てまで着いていきます。

<射手座         冒険愛>
深め切ったら、世界に飛んでいくのが9番目の射手座です。
広く遠くの世界を見にいく<冒険愛>。

スケールが大きいです。
哲学とか宗教とか、世界の本質を知りたい意欲に満ちています。

細かいこと言ってると冒険できないので、おおらかというか、大雑把というか。

<山羊座         達成愛>
世界の本質を知り尽くしたら、マイワールドを創るのが10番目の山羊座です。

自分の王国作りのために、目標を掲げて実現するのが<達成愛>。
達成のためには、手段は選びません。

社会的な野心に満ち、忍耐、努力、根性がごちそうです。
体育会系です。

<水瓶座 博愛>
社会の中に作った王国から卒業し、新しい世界を求めるのが11番目の水瓶座です。

山羊座が取ったマウントから降り、個人的な楽しみへと向かいます。
競争がないので、平等で自由な<博愛>です。

みんな大好き、だけど、誰とも同じになりたくない<変愛>でもあります。

<魚座          愛そのもの>
1から11番の全部を経験したのが、12番目の魚座です。

全てを知っているので、どこにも偏ることのない<愛そのもの>なのです。

何者にでもなれるし、何者でもないのが魚座です。
次の牡羊座になるために、まるっと愛で包んで、水に流していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です